スポンサーリンク

<歌詞和訳>Best For You – Bad Religion 曲の解説と意味も

2020-02-01Bad Religion 歌詞和訳

Bad Religion – Best For You
バッド・レリジョン – ベスト・フォー・ユー

 

アメリカのパンクバンド バッド・レリジョンの3rdアルバム「Suffer」(1988年) に収録されている曲です。

同作は活動休止状態だったバッド・レリジョンの復活作であり(ギターのブレットは薬物中毒から復帰しました)、”メロコア“(メロディック・ハードコアパンク) の元祖として、パンクロックの重要アルバムと言われています。

 

歌詞の意味と解釈

ストレートなタイトルと同様に、”自分にとっての最善“について歌われている曲です。

「何が最善かみんながわかっているけど、息苦しい固定観念や人間関係によって、それは実行に移せない」といった葛藤が書かれています。

 

歌詞と和訳

Written by Greg Graffin

Above us lay the burdens, below us lay the truth
We’re somewhere in the middle, and we’re all discontent too
Is someone watching over you?

Inside they know what’s best for you

頭上にあるのは重圧、足元にあるのは真実
その間に俺達はいて、誰もが不満を抱えている
誰が監視しているんだ?

心の奥では皆わかっている、自分にとって何が最善か

 

burden 重荷、負担、心配
discountent 不平、不満
watch over 見守る、見張り、監視

 

Judgment’s not tomorrow, its today yes now it’s here
But no it isn’t Jesus, take a look at all your peers
They’re all looking down on you

Inside they know what’s best for you…

審査されるのは明日じゃなくて今日、そう、今ここで行わている
でもキリストじゃない、周りにいる同僚がやっている
そして皆がお前を見下している

奴らも心の奥ではわかっている、自分にとって何が最善か

 

judgment 判断、審査
peer 同等の者、同僚、仲間

 

Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you
Everybody knows what’s best for you…

皆わかっている、何が自分にとって最善なのか

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Suffer(1988年)

 

活動休止を経て、5年ぶりにリリースされた3rdアルバム(自身のエピタフレーベルからの初のリリース)。メロコアの先駆け的な作品で、多くのパンクロッカーが「パンクの最重要作品の1つ」に挙げています。

 

All Ages(1995年)

 

1stアルバム「How Would Hell Be Any Worse?」(1982年) から6thアルバム「Generator」(1992年) までの代表曲が収録されたベストアルバム(3rd「Suffer」以降の曲が中心)。日本盤には代表曲『American Jesus』が追加収録されています。