スポンサーリンク

<和訳>Audioslave – Out of Exile

2017-12-26

Audioslaveの2ndアルバム「Out of Exile」(2005年) の表題曲です。アルバムでは2曲目に収録されています。

 

Audioslave – Out of Exile
オーディオスレイヴ – アウト・オブ・エグザイル

 

When I first came to this island
That I called by my own name
俺の名が付いた島
そこへ最初に辿り着いた時

I was happy in this fortress
In my exile I remained
俺は、放末に辿り着いた
この砦に満足していたよ

But the hours grew so empty
しかし、時が経つにつれ虚しさを感じた
And the ocean sent her waves
In the figure of a woman
海が女のような波を起こすみたいに
And she pulled me out to sea
俺を外の世界へ引きずり出した

When you come down to take me home
あなたが降りてきて、俺を安住の地へ連れていく時
Send my soul away
俺の魂は追放される
When you come round you’ll make me whole
あなたの気分が変わったら、俺のすべてを
Send my soul away
魂もろとも追放する

On the altar of a sunrise
日の出の祭壇
Was a wedding in the waves
波の中で行われる挙式
And inside her shone a young light
From her labor I was saved
彼女<神?>が放たれた
内なる若い輝きで、
俺は救われた
Though I’ve traveled long in darkness
俺は長い間、闇の中を彷徨ったが

In her harvest I’m embraced
彼女の報いに俺は抱かれる

When you come down to take me home
あなたが降りてきて、俺を安住の地へ連れていく時
Send my soul away
俺の魂を追放する
When you come round you’ll make me whole
あなたの気分が変わったら、俺のすべてを
Send my soul away
魂もろとも追放する

Now the spires and the gables
今、尖塔と切妻屋根が
Grow in orchards to the sky
天空の果樹園にそびえる
And the blessings on the table
卓上の祝福は
Multiply and divide
増殖し、分け与えられる

When you come down to take me home
あなたが降りてきて、俺を安住の地へ連れていく時
Send my soul away
俺の魂を追放する
When you come round you’ll make me whole
あなたの気分が変わったら、俺のすべてを
Send my soul away
魂もろとも追放する

Yeah, when you come down to take me home
あなたが降りてきて、俺を安住の地へ連れていく時

When you come round you’ll make me whole
あなたの気分が変わったら、俺のすべてを

When you come round to take me home
あなたの気分が変わったら、俺のすべてを

Send my soul away
魂もろとも追放する

Send my soul away
魂もろとも追放する

Send my soul away
魂もろとも追放する

Send my soul away
魂もろとも追放する

Written by Timothy Commerford / Chris Cornell / Tom Morello / Brad Wilk
Out of Exile Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 


Chris Cornell – California 2002 Framed Mini Poster – 23.2x18cm

 

 

言葉の意味・解説

hearvest 収穫、報い、収穫する

embrace 抱擁する、とらえる、性交する、信奉する

 

雑記

抽象的で難解な歌詞です。どこか、宗教的な世界観(聖書?)も感じる為、そういった素養がある人にはピンとくる表現があるのかもしれません。

冒頭の部分(自分の島に辿り着いた、再び外の世界に戻った)は、サウンドガーデン解散からソロ、そしてオーディオスレイヴ結成という流れの、クリス・コーネルの心境を表しているような気がします。