スポンサーリンク

<歌詞和訳>Them Bones – Alice In Chains 曲の解説と意味も

Alice In Chains 歌詞和訳[生き方] 孤独/厭世

Alice In Chains – Them Bones
アリス・イン・チェインズ – ゼム・ボーンズ

 

シアトル出身のロックバンドで、90年代のグランジムーヴメントの一翼を担ったアリス・イン・チェインズの2ndアルバム「Dirt」(1992年) に収録されている曲です。

同アルバムの2枚目のシングルとして、1992年9月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを訳すと「奴らの骨」となり、出だしから「奴らの骨が、俺だと信じている」と、なかなか難解な歌詞です。

作者のジェリー・カントレルの死生観が反映した曲らしく、大まかな内容として「自分の生は人々の死の上に成り立っている」「どう生きても人は同じように灰になるだけ」というような感じだと思われます。

 

歌詞と和訳

Written by Jerry Cantrell

I believe them bones are me
Some say we’re born into the grave

奴らの骨が、俺だと信じている
俺達は墓に生れ落ちたのだと、誰かが言う

 

I feel so alone
Gonna end up a big ole pile of them bones

なんて孤独なんだろう
仕舞には、古びて山積みになる、奴らの骨

 

ole (=old)
pile of 山のような、山積みの

 

Dust rise right on over my time
Empty fossil of the new scene

舞い上がった埃が、俺の人生を覆い尽くす
新たな時代の、空虚な化石

 

fossil 化石

 

I feel so alone
Gonna end up a big ole pile of them bones

なんて孤独なんだろう
仕舞には、古びて山積みになる、奴らの骨

 

Toll due, bad dream come true
I lie dead gone under red sky

(死者の世界への)通行料、悪夢は現実となる
赤い空の下、俺は横たわり、死んでいった

 

toll due 通行料

 

I feel so alone
Gonna end up a big ole pile of them…
I feel so alone
Gonna end up a big ole pile of them…
I feel so alone
Gonna end up a big ole pile of them bones

なんて孤独なんだろう
仕舞には、古びて山積みになる、奴らの骨

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Dirt(1992年)

 

アリス・イン・チェインズの最高傑作と呼ばれる2ndアルバム。重くうねるサウンドと呪術的なボーカルは中毒性が高いです。

 

The Essential Alice In Chains(2006年)

 

2006年にリリースされた3枚目のベストアルバム(内容は他と重複)。レイン・ステイリー在籍時の代表曲が網羅された2枚組です。
初心者向けにはややボリュームが多いので、1枚組のものなら1999年にリリースされた「Nothing Sage: Best」がオススメです。