スポンサーリンク

<歌詞和訳>Owner of a Lonely Heart(ロンリー・ハート) – Yes 曲の解説と意味も

Yes 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ,励まし/力をもらえる歌詞

Yes – Owner of a Lonely Heart
イエス – オーナー・オブ・ア・ロンリー・ハート(邦題:ロンリー・ハート)

※ミュージックビデオは爬虫類や虫が苦手な人は少しだけ閲覧注意です

 

イギリスのプログレッシヴ・ロックバンド イエスの11thアルバム「90125」(1983年 邦題:ロンリー・ハート) に収録されている曲で、バンドにとって唯一全米シングルチャートで1位を獲得した曲です。

もともとは、1983年にギタリストとしてバンドに加入したマルチプレイヤー レヴァー・ラビンが作った曲で、彼のデモをバンドが発展させたものがこの曲となりました。
(トレヴァー・ラビンのデモバージョンは彼のソロ作「90124」に収録されています)


90124

 

フェアライトCMIサンプラーを用いた特徴的な管楽器のサンプリング音は、多くのポップミュージックに影響を与えました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「オーナー・オブ・ア・ロンリー・ハート」を訳すと"孤独な心の持ち主“となります。

歌詞の内容は、自分の意志を貫いて生きろというように、「孤独な心の持ち主」(あるいはリスナー)に自立を促すものとなっています。

 

一方、サビでは"Owner of a lonely heart. Much better than a owner of a broken heart“(孤独な心の持ち主の方が、傷ついた心の持ち主よりもずっといい)と歌われていますが、この部分だけ他の歌詞から若干浮いている感じがします。

この歌詞を重視して解釈すると、この曲は「傷つくより孤独な方がいい」と考えて恋愛に臆病になっている主人公に対し、「もっと自分に正直になれ、成功しようが失敗しようが構わずやってみろ」と檄を飛ばす、そんな風にも解釈できます。

サウンドがかなり商業的なので、歌詞のメッセージがそのくらいポップだとしても、おかしくないと思います。

 

歌詞と和訳

Written by Trevor Horn, Chris Squire, Jon Anderson & Trevor Rabin

Move yourself
You always live your life
Never thinking of the future

Prove yourself
You are the move you make
Take your chances, win or loser

自ら動き出せ
君はいつも気ままに生きる
未来のことなど考えず

自分を証明しろ
君の行動が君を作る
勝ち負けにこだわらず、やってみるんだ

 

prove 証明する、示す、試す
take one’s chance いちかばちか賭ける、やってみる

 

See yourself
You are the steps you take
You and you, and that’s the only way

Shake, shake yourself
You’re every move you make
So the story goes

自分を顧みろ
君の歩みが君になる
君には君、君のやり方しかない

自分を揺さぶれ
君の行動すべてが君を作る
そうやって物語は進んでいく

 

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

孤独な心の持ち主よ
孤独な心の持ち主よ
(それでもはるかにいいだろう)
傷ついた心の持ち主よりは
孤独な心の持ち主よ

 

Say – you don’t want to chance it
You’ve been hurt so before

Watch it now
The eagle in the sky
How he dancin’ one and only

You, lose yourself
No not for pity’s sake
There’s no real reason to be lonely

Be yourself
Give your free will a chance
You’ve got to want to succeed

賭けに出るつもりは無いだって?
ずっと傷ついてきたよな

見てみなよ
空を飛ぶワシを
あの飛行がどれほど孤高か

君は正気を失っている
同情するわけじゃない
孤独でいるのに本当の理由など無い

自分らしくなれ
君の自由な意志にチャンスを与えろ
成功するには求めなきゃダメだ

 

pity 哀れみ、同情
sake 目的、理由

 

※How he dancin’ one and onlyの後に銃声の音が聴こえます。これは、ボーカルのジョン・アンダーソンが歌詞を書き換えた為、プロデューサーのトレヴァー・ホーンらはそれへの反撃として、ワシを撃ち落とす銃声を入れたのだそうです。また、このワシの描写は代表曲『Roundabout』にもありました。

 

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart

Owner of a lonely heart

孤独な心の持ち主よ
孤独な心の持ち主よ
(それでもはるかにいいだろう)
傷ついた心の持ち主よりは
孤独な心の持ち主よ

孤独な心の持ち主よ

 

After my own indecision
They confused me so
Owner of a lonely heart
My love said never question your will at all
In the end you’ve got to go
Look before you leap
Owner of a lonely heart
And don’t you hesitate at all – no no
Yow!
Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah!

優柔不断な態度の後には
混乱が待っている
孤独な心の持ち主よ
恋人は言った「あなたの意志を疑ったりしない
最後には進むしかないの
飛ぶ前によく見て」
孤独な心の持ち主よ
だから、ためらう事など無い、少しも

 

indecision 決定的でない、優柔不断な
leap 飛び跳ねる、急上昇する、飛び越える、飛躍
hesitate ちゅうちょする、ためらう、口ごもる

 

Owner of a lonely heart
Owner of a lonely heart
(Much better than a)
Owner of a broken heart
Owner of a lonely heart
(×2)

Owner of a lonely heart

孤独な心の持ち主よ
孤独な心の持ち主よ
(それでもはるかにいいだろう)
傷ついた心の持ち主よりは
孤独な心の持ち主よ

孤独な心の持ち主よ

 

Sooner or later each conclusion
Will decide the lonely heart
Owner of a lonely heart
It will excite, it will delight
It will give a better start
Owner of a lonely heart

遅かれ早かれ、それぞれの結末は
孤独な心に繋がっていく
孤独な心の持ち主よ
それは興奮であり、喜びであり
よりよいスタートをもたらすのだ
孤独な心の持ち主よ

 

sooner or later 遅かれ早かれ
conclusion 結末、結論
decide 決心する、決める、解決する、判決を下す

 

Don’t deceive your free will at all
Don’t deceive your free will at all
Owner of a lonely heart
Don’t deceive your free will at all
Just receive it
Just receive it
(Owner of a lonely heart)

自分の自由な意志を、決して欺くな
自分の自由な意志を、決して欺くな
孤独な心の持ち主よ
自分の自由な意志を、決して欺くな
ただ受け入れろ
ただ受け入れろ
(孤独な心の持ち主よ)

 

deceive だます、欺く

 

 

トレヴァー・ラビンのデモバージョン(1981年の録音)

 

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

90125(1983年 邦題:ロンリー・ハート)

 

バンドの復帰作となった11thアルバム。従来の複雑で難解な作風とは異なり、モダンなサウンドを取り入れたポップな作風です。
なお、タイトルの「90125」とはレコードの品番から付けられたものだそうです。

 

Yes :The Greatest Hits(2014年)

 

聴き易い曲がコンパクトにまとめられたベストアルバム(全16曲)。実はレアなバージョンも収録されています。