スポンサーリンク

<和訳>The Smiths – How Soon Is Now?

2018-05-19

The Smithsの5枚目のシングルとして1984年8月にリリースされた「William, It Was Really Nothing」のカップリングとして収録された曲ですが、ザ・スミスの中でも人気の高い曲となり、1985年1月に6枚目のシングルとして再びリリースされました。

セカンドアルバム「Meat Is Murder」(1985年) にはもともと収録されていませんでしたが、アメリカ盤に追加収録されたのを皮切りに、現在ではこの曲を含めた10曲入りが主流となっています。

初期のシングル曲を集めた編集盤「Hatful of Hollow」(”帽子一杯の虚無”  1984年) 等にも収録されています。

 

 

The Smiths – How Soon Is Now?
ザ・スミス – ハウ・スーン・イズ・ナウ?


I am the son

And the heir
Of a shyness that is criminally vulgar
僕は犯罪的なほど低俗な恥ずかしがり屋の
息子であり跡取り
I am the son and heir
Of nothing in particular
まるで大したことのない
息子であり跡取り

You shut your mouth
黙れよ
How can you say
I go about things the wrong way?
よくもまあ、
僕が間違ったやり方をしてるなんて言えるね?
I am human and I need to be loved
Just like everybody else does
僕は人間さ
みんなと同じように愛情を必要としてる

I am the son
僕は犯罪的なほど低俗な恥ずかしがり屋の
息子であり跡取り
I am the son and heir
Of nothing in particular
まるで大したことのない
息子であり跡取り

You shut your mouth
黙れよ
How can you say
I go about things the wrong way?
よくもまあ、
僕が間違ったやり方をしてるなんて言えるね?
I am human and I need to be loved
Just like everybody else does
僕は人間さ
みんなと同じように愛情を必要としてる

There’s a club if you’d like to go
君が行きたいのなら、クラブだってあるよ
You could meet somebody who really loves you
君を本当に愛してくれる、誰かと出会おうとして
So you go and you stand on your own
行きなよ そして一人ぼっちで立ちつくしてればいい
And you leave on your own
一人でクラブを出ていく
And you go home and you cry
家に帰り そして泣く
And you want to die
君は死にたくなるのさ

When you say it’s gonna happen “now”
”今”にそれ<幸せ>は起こるよって君は言うけど
Well when exactly do you mean?
今って一体いつなの?
See I’ve already waited too long
ねえ、僕はもう随分待っているんだ
And all my hope is gone
希望などすっかり無くなってしまったよ

You shut your mouth
黙れよ
How can you say
I go about things the wrong way?
よくもまあ、
僕が間違ったやり方をしてるなんて言えるね?
I am human and I need to be loved
Just like everybody else does
僕は人間さ
みんなと同じように愛情を必要としてる

 

Written by Johnny Marr / Steven Patrick Morrissey
How Soon Is Now Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group

 

言葉の意味・解説

in particular とりわけ、格別に

 

雑記

ギターでないような斬新なリフと、暗鬱な詞が特徴的な、ザ・スミスの代表曲。私なりに理解した、この曲のストーリー(意味)です↓

最初の独白めいた「I am the son and the heir of a shyness that is criminally vulgar」(直訳すると、「僕は犯罪的なほど卑しい内気さの息子であり跡取り」)、これは自分の生まれ(家系)を指したものではなく、自分の性分を表していると解釈しています(「自分はものすごい恥ずかしがり屋でとるに足らない人間」)。

次のラインで登場する”YOU”「You shut your mouth」。これは自分と同じような立場でありながら、「そのうちきっといい事はある」とぼんやりとした希望と自信をもっている、世の中の人。「そんなうじうじしたこと言っているから幸せになれないんだ」というような批判に対しての「黙れよ」なのだと思います。

彼らの根拠のない希望や自信は、彼らをクラブ(または人生そのもの)に足を運ばせる。しかし、そんなに上手くはいかない。「僕だったら死にたくなるほど屈辱を感じるけどね」と言い放つこの曲の語り手。そこには「人生なんて所詮そんなもの」とでも言う主張が感じられます。

そして最終ラインの「When you say it’s gonna happen “now”」。
「もうじき報われる日がくるよ」という世の中の言葉に対し、「もうじきっていつなの?(How soon is now?) 僕は随分待っていたよ?」と救いの無い言葉で応酬します。救いようのない曲です。

 

濃密なディスクガイドです