スポンサーリンク

【CM曲】スズキ 新型スペーシアのCMソングが実はミスマッチな理由! アーティストの詳細も

2018-06-01

軽自動車市場で圧倒的な存在感を見せる自動車メーカー スズキ(Suzuki)から発売されている新型スペーシア(SPACIA)

可愛らしい外観と快適な車内スペース、自動ブレーキや低燃費性を備え、「我が家のワクワクマシーン」のコンセプトに相応しい、子育て世代のニーズに応えた仕上がりの軽自動車です。

 

テレビCMも頻繁に流れ、車に興味がない人でも、本上まなみさん演じる家族や、軽快なCMソングは記憶に残っているのではないでしょうか?

 

CMの俳優陣は?

ママ役:本上まなみさん

~プロフィール~
本上まなみ(ほんじょう まなみ)

1975年5月1日生まれ。大阪府出身。
身長168cm。血液型はB型。

1993年にフジテレビ系ドラマ『じゃじゃ馬ならし』で女優デビュー以降、多数のドラマ、映画、CMに出演している女優さんです。

夫は編集者・エッセイストの沢田康彦(さわだ やすひこ)さんです。

 

 

パパ役:平山浩行さん

~プロフィール~
平山浩行(ひらやま ひろゆき)

1977年10月17日生まれ。岐阜県出身。
身長185cm。血液型はA型。

2003年にドラマデビュー以降、ドラマ・映画を中心に活躍されています。

 

お兄ちゃん役:大西利空

~プロフィール~
大西利空(おおにし りく)

2006年5月16日生まれ。東京都出身。
身長146cm(2018年時点)。

まだ若いながら、多数の映画・ドラマ・CMに出演。
2016年に公開された映画『ぼくのおじさん』では松田龍平さんとともに主演を果たしています。

 

弟役:川原瑛都

~プロフィール~
川原瑛都(かわはら えいと)

2013年8月生まれ。

渡辺直美さん主演で話題となった2017年のTBSドラマ『カンナさーん!』への出演でも注目を浴びました。

 

 

 

また、過去のCMにはこんな人も出演していました。

おじいちゃん役:大杉漣さん

 

~プロフィール~
大杉漣(おおすぎ れん)

1951年9月27日生まれ。徳島県出身。
身長178cm。血液型はB型。

明治大学を中退し、役者の道を志す。
下積み時代となる1980年代には、日活ロマンポルノや新東宝映画などのピンク映画に出演していました。
その後、北野武監督映画『ソナチネ』(1993年)への出演が契機となり、その後は映画・テレビなどで幅広く活躍します。

ドラマ『バイプレイヤーズ』や、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(ぐるナイ)での「グルメチキンレース・ゴチになります!」への出演が記憶に残っている人も多いと思います。

 

2018年2月20日、急性心不全の為66歳でお亡くなりになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

CMソングは?

さて、気になるCMソングはアメリカのシンガーソングライター ビリー・ジョエル(Billy Joel)の『Uptown Girl』(アップタウンガール)です。

 
 
 

この曲はミュージックビデオでもわかるように、テーマは「上流階級のお嬢様に恋をする下町の野郎の歌」です。

歌詞はこんな風になっています

アップタウンガール
あの娘は上流社会で生きてきた
裏通りの野郎とは縁が無いのさ
彼女のママはその理由さえ口にしない
俺はあの高嶺の花にアタックするんだ

 

訳の全文はコチラをご覧ください

 

家族団らんのCM映像と、恋する野郎の歌、なんともいえないミスマッチが生まれています(笑)

 

 

ビリー・ジョエルとはどんなアーティスト?

せっかくなので『Uptown Girl』を歌うビリー・ジョエルとは、どんなアーティストか確認しました。
洋楽に興味がない人でも、名前だけは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

~PROFILE~
ビリー・ジョエル(William Martin “Billy” Joel)

1949年5月9日生まれ。アメリカのニューヨーク州サウス・ブロンクス出身。

前述の『Uptown Girl』以外にも、『Piano Man』(ピアノ・マン)や『Just The Way You Are』(素顔のままで)、『Honesty』(オネスティ)などの楽曲で人気を博し、全世界でのレコードセールスは1億枚を超えている、超ビッグアーティストです。

 

 

歌詞和訳はコチラ

 

幼少時にピアノを習い始め、プロのミュージシャンを目指し高校を中退。ハッスルズというバンドや、アッティラというユニットで精力的に活動し、2枚のアルバムをリリースしましたが、鳴かず飛ばずのまま解散。

1971年にアルバム「Cold Spring Harbor」でソロデビューを飾りましたが売れませんでした。その後の、1973年にアルバム「Piano Man」で再デビュー。表題曲がヒットとなり、アルバムはゴールドディスク(アメリカで50万枚以上のセールス)を獲得。その後、70年代から80年代にかけて「Stranger」(1977年)、「Glass Houses」(1980年)、「An Innocent Man」(1983年)といったヒット作を多数リリースしました。

 

歌詞和訳はコチラ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m