スポンサーリンク

<歌詞和訳>White Riot (白い暴動) – The Clash 曲の解説と意味も

2017-12-25Clash(The Clash)歌詞和訳[生き方] 反抗/自由

The Clash – White Riot
ザ・クラッシュ – ホワイト・ライオット(邦題:白い暴動)

 

イギリスのパンクロックバンド ザ・クラッシュのファーストシングルとして1977年3月にリリースされた、初期の代表曲です。

1stアルバム「The Clash (白い暴動)」に収録されています。

シングルバージョンにはイントロにパトカーのサイレンが入っており、アルバムバージョンにはそれがありません。

 

歌詞と和訳

Written by Mick Jones & Joe Strummer

White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own
White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own

ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ
ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ

 

Black man got a lotta problems
But they don’t mind throwin’ a brick
White people go to school
Where they teach you how to be real thick

黒人はたくさん問題を抱えてる
だけど奴らは気にせずレンガを投げつける(ドラッグを売りさばく)
白人は学校へ行く
奴らはお前に太り方を教える

 

・throwing a brick 直訳すると「レンガを投げつける」ですが、brick には「ひと塊のドラッグ」という意味もあり、ダブルミーニングになっていると考えました。ただ、「黒人はお構いなしにドラッグを売りさばく」では人種差別的でもあります。

 

Everybody’s doin’
Just what they’re told to
And nobody wants
To go to jail!

そして皆
教えられたとおりにやっている
誰だって

牢屋なんか行きたくねえからな!

 

White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own
White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own

ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ
ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ

 

All the power’s in the hands
Of the people rich enough to buy it
While we walk the street
Too chicken to even try it

権力は全部、
そいつが買えるぐらいリッチな奴らの手の中さ
その間に俺達はストリートをブラついて
怖気づいて反抗もできねえ

 

Everybody’s doin’
Just what they’re told to
And nobody wants
To go to jail!

そして皆
教えられたとおりにやっている
誰だって

牢屋なんか行きたくねえからな!

 

White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own
White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own

ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ
ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ

 

Are ya’ takin’ over
Or are ya’ takin’ orders?
Are ya’ goin’ backwards
Or are ya’ goin’ forwards?

お前らが乗っ取るか
それとも支配されちまうか?
後ろに引き下がるか
それとも前に進むか?

 

White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own
White riot, I wanna riot
White riot, a riot of my own

ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ
ホワイト・ライオット 暴動を起こしたい
ホワイト・ライオット 俺の暴動だ

 


POS-041 Joe Strummer ジョー・ストラマー ロックシリーズ B5サイズミニポスター

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Clash(邦題:白い暴動 1977年)

 

粗削りですが、クラッシュの中で一番”パンクロック”の音になっている1stアルバム。
2年後にリリースされたアメリカ盤は収録曲がだいぶ異なっています(これはアメリカ国内で輸入盤が流通していた為、レコード会社がとった対策です)。両者はバンド名の位置等で見分ける事ができます。

 

The Essential Clash(2003年)

 

2枚組40曲収録のベストアルバム。代表曲は余さず聴ける内容。無かった事にされているラストアルバム「カット・ザ・クラップ」からも1曲収録されています。

 

Hits Back(2013年)

 

1982年のブリクストン公演のセットリスト(スタジオ音源)+代表曲8曲を追加した2枚組ベストアルバム。装丁も凝っており、ファンも納得の”作品”に仕上がっています。

 

 
 


The Clash ザ・クラッシュ Tシャツ ドラゴン 正規品 ロックTシャツ関連 サイズS

 

 

クラッシュとパンク。ジョー・ストラマーの生き様

 

読み応え十分の全曲解説