スポンサーリンク

<歌詞和訳>When I’m Sixty-Four – The Beatles 曲の解説と意味も

[Sgt.Pepper's],Beatles 歌詞和訳[恋愛] 不朽のラヴソング,[表現] ユーモア・面白い歌詞

The Beatles – When I’m Sixty-Four
ザ・ビートルズ – ホエン・アイム・シックスティー・フォー

 

ザ・ビートルズの8枚目のスタジオアルバム「Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band」(1967年) に収録されている曲です。

レノン=マッカートニー名義の曲ですが、実質ポールの作品です。
彼が14歳の時に書いた曲(16歳という説もあり)と言われており、ポールの最初期の作品の1つです。

クラリネットの音色がほのぼのとした雰囲気を醸し出しています。

ボーカルを若々しく聞かせる為、曲の再生速度を少し早くしてキーを上げているそうです。

 

歌詞の意味と解釈

歌詞は「"僕が64歳になっても“僕の事を必要として欲しい」という、恋人へのラブソングとなっています。

若い青年が、恋人に対して二人の老後を熱心に語るのは、真剣さは伝わりますが、可笑しくもあります。

 

余談ですが、ポール自身が64歳の時(2006年)は、当時の妻と別居状態でした(その後2008年に離婚が成立)。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney & Paul McCartney

When I get older losing my hair
Many years from now
Will you still be sending me a valentine
Birthday greetings, bottle of wine?

何年も時が経ち
僕が年をとって、髪が薄くなっても
君はバレンタインのプレゼントや
誕生日のお祝い、ワインなんかを贈ってくれるかい?

 

greetings あいさつ、あいさつの言葉

 

If I’d been out till quarter to three
Would you lock the door
Will you still need me, will you still feed me
When I’m sixty-four?

もし夜中の3時近くになっても僕が帰らなかったら
君はドアの鍵を締めるかな?
僕を必要としてくれるかい? 僕を元気づけてくれるかい?
僕が64歳になっても

 

quarter to three 3時15分前(quarter=4分の1=15分、three=3時)
feed 食物を食べさせる、エサを与える、養う、供給する、満たす、食事、飼料

 

You’ll be older too
And if you say the word
I could stay with you

君だって年をとるのさ
君が例の言葉を言ってくれれば
僕はずっとそばにいるよ

 

say the word 望みを言う、命令する ※ただし、ここでは"the word"は主人公のアプローチに対する"返事"だと解釈しました

 

I could be handy mending a fuse
When your lights have gone
You can knit a sweater by the fireside
Sunday mornings go for a ride

僕は役に立つよ、電球が切れたって
フューズを直してあげられる
君は暖炉のそばで、セーターを編んでてくれればいい
日曜の朝には、ドライブに出かけよう

 

handy 便利な、役に立つ、器用で
mend 修繕する、直す、改める、修理

 

Doing the garden, digging the weeds
Who could ask for more?
Will you still need me, will you still feed me
When I’m sixty-four?

庭の手入れをしたり、雑草を抜いたり
これ以上の事ってある?
僕を必要としてくれるかい? 僕を満たしてくれるかい?
僕が64歳になっても

 

ask for more →couldn’t ask for more これ以上は望めない

 

Every summer we can rent a cottage
In the Isle of Wight, if it’s not too dear
We shall scrimp and save
Grandchildren on your knee
Vera, Chuck, and Dave

毎年夏には、ワイト島のコテージを借りよう
そんなに高くなければね。
コツコツお金を貯めよう
君の膝の上には、孫たちがいるんだ
ヴェラにチャック、そしてデイヴ

 

cottage コテージ、小家屋、小別荘
・Isle of Wight ワイト島。イングランドの南にある島で、古くからリゾート地として知られる。また、ワイト島フェスティバルでも有名。
dear 親愛なる、大事な、高価な
scrimp 節約する、ケチる

 

Send me a postcard, drop me a line
Stating point of view
Indicate precisely what you mean to say
Yours sincerely, wasting away

ハガキに書いて、僕に教えてよ
君がどう思っているか。
君の想いを、正確に書いて欲しいんだ
それから結びの言葉には、寂しくてげっそりしてる、ってね

 

drop me a line 連絡してください、近況を知らせてください(drop・・・書き送る、line・・・短い手紙)
point of view 観点、見解、考え方
indicate 指し示す、表す、
precisely 正確に、まさに、きちんと
yours sincerely 敬具(手紙の結び)
waste away 弱る、やせる、無駄にする

 

Give me your answer, fill in a form
Mine for evermore
Will you still need me, will you still feed me
When I’m sixty-four?

Whoo!

返事をちょうだい、この用紙に書いて
“永遠に僕のもの"だって
僕を必要としてくれるかい? 僕を満たしてくれるかい?
僕が64歳になっても

 

fill in a form 書類に書き込む
※ここで彼女に書き込んでもらいたいのは、おそらく手紙ではなく「婚姻届け」と思われます。つまり、彼はプロポーズしていたようです

for evermore 永久に、永遠に

 


BEATLES ビートルズ (デビュー60周年) – REVOLVER ALBUM COVER/Tシャツ/メンズ 【公式/オフィシャル】

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band(1967年)

 

通算8枚目のアルバムで、世界初のコンセプトアルバムともいわれる、ビートルズの実験性・創造性の集大成的なアルバムです。